<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ファミリーカレンダー | main | もうすぐ幼稚園 >>
完全分離二世帯
 

完全分離二世帯の我が家ですが

お互いの玄関横の共用収納部屋でつながっていて

行き来ができるようになっています。
(その部屋のドアにはシリンダー錠をつけているので何かあった時には通行できなくすることも)



本当はなぁなぁになってしまわないように

家の中ではどこからもつながらないようにしよう。。とも考えたのですが、

いざ、住んでみると、

夕ご飯のおかずの分け合いっことか、

こどもたちがおもちゃ持って遊びに行ったりとか

親世帯のお風呂に入れてもらったりとか。。

なにかとやっぱり便利で

“やっぱり家の中でつなげておいてヨカッタ〜。”と思う事が多いです。







逆に全部別にしててヨカッタ〜。と思う出来事。

それは先日、私たち子世帯がインフルエンザにかかってしまった時。。



人工透析を受けている母は

インフルエンザのハイリスク群と言われる

なるたけかからないようにしなければならない群に属してるので



母は私たちと一緒に住んでいると

父と2人で住んでいる時に比べて

かなりその辺のリスクを負わなくてはならないということ。なんだよなあ。


うつしてしまったら。。。あぁこわいこわいこわい

そう思うと空気感染してしまうウィルス性の病気の時は

かなり緊迫した状態になります。





なので

完全分離にしておくと隔離も楽な為、

少しは不安がやわらぎました。

ご飯は共用スペースに作って置いておいてもらったりもできるから。。

私にとってはそれもまた都合良く。

持ちつ持たれつの関係が今のところはうまくいっています。

親子とはいえ何かとお互い気を遣うところももちろんありますが。







二世帯は色々なかたちがあるけど


生活時間帯が違うからとかプライバシーの事はもちろんのこと

母の病気の事やたっくのアレルギーの事を考えると

私たちは完全分離二世帯が合っていたのだと思います。




たっくのアレルギーも発作はまだ一度も出ておらず

本当にほっとしています。


しかし、油断禁物。

これからの季節は気をつけねばです。











先日の海の教室の山歩きで


山から見た風景


晴天に恵まれてすっごく気持ちがよかった!!

万歩計を持っていた人に聞くと2万歩以上いっていたそうで

こんなに山を歩いたのははじめて。


ここを小学生になったらたっくはトレーニングで走り抜けることになるそう。

走ること大好きな彼にはぴったり♪

ここで体力つけて体がしっかりしてくることを願います。

海もとてもさわやかな一日でした。







JUGEMテーマ:住宅

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://tatatadiary.jugem.jp/trackback/41
TRACKBACK